05 Mar,2004

ハイジ

blog misc

アルプスの少女ハイジ」の再放送見るのが最近の日課です。 きょうこ隊員はしっかり全話ビデオ録画挑戦中です。 ハイジは子供のとき見たアニメの中でも、ひときわ存在感が強く印象に残ってるのだけど、 今見ても絵が素晴らしくきれいで、季節や時間によるちょっとした色彩の変化まで見事。 場面設定も細部にいたるまで、_どこまでも本物のスイス_のようです。 幼い頃のハイジの影響でスイスファンÁ..

Continue Reading...

大学生の頃が丁度LPからCDへの過渡期で, 中古レコード屋でよくレコードを漁ってました. 買った古レコードはじゃーじゃーと水洗いなぞしてドキドキしながらプレーヤにかけたものですが, それでもパチプチとほこりのノイズがすることがよくありました. おかしーなーと思ってよく見たら,実はSPの復刻なのでそもそもの音源にノイズが多かったって「落ち」のこともありましたが,すごい演奏と思うと録音の善し悪しやノイズなぞ,すぐに気にならなくなったものです.

いつだったかに寄席で聞いた小さんの落語も,_声を出し...

Continue Reading...

学生のころ読みあさっていた夢野久作の小説のなかに 「あやかしの鼓」ってのがあります。 ストーリーはよく覚えてないのだけど、鼓の中の鼓というか、 日本刀なら村雨、 ピアノなら古いNYスタインウェイ(注1)といった類の、 「究極の鼓」に呪われた主人公の物語です。

読んだのはずいぶん昔のことで、ストーリーはほとんど忘れてしまったのですが、 とにかくも、 「_究極の鼓の音色_とは..

Continue Reading...

13 Jun,2003

想像力

blog music

もう一月以上たったけど、今年の5月の連休ももはや恒例化した強化合宿でした.

去年に引き続いて聴いた上田晴子先生の演奏は,まるで燦然と輝く太陽のよう に,あふれんばかりのイマジネーションと輝かしくきらめく響きの洪水.

思わず目がウルウル

とか言ってたら

ウルウルじゃない.涙ぼろぼろ鼻グシュグシュよ

と他の受講生に一喝されました. レッスンではさらにその想像の世界にたどり着くための実に知的なアプローチ 方法を垣間見れて,聴く一言一言に溜息,思わず涙です.

一昨年に続く、青木十良先生のƼ..

Continue Reading...

01 Apr,2003

つなぎめ

blog music

人と話をするときや文章を書くときには, 話のつなぎめが大変大事です. たとえば,

AはBである。BはCである。AはCである。

というと, _いろいろな文をただ並べたてているだけ_に見えますが, ちょっとつなぎめをいれて

AはBである。そしてBはCである。 ゆえにAはCである。

とすれば, たちまち_ひとつのストーリーとしての文章のまとまり_が出てきます. これをちょっと間違えて

AはBである。そしてBはCである。 しかしAはCである。

とすると,ストーリー性は一応あるものの, _文章の意味はなんだかよくわからなく_なります.

...

Continue Reading...