-->

| 「子どもの科学」の創刊号の巻頭言について知ったのは,つい先日99才で亡くなった青木十良というチェリストについての本(チェリスト、青木十良)に載っていたから。 9才の時にこの巻頭言に感動したとかで,物理学者になるべくMITに行くつもりだったのが大戦のため渡航許可が出ずに,その後の紆余曲折でチェリストになったらしい。この方のチェロは,目をふさいで聴くと何の音色かわからない,絹を裂くような繊細で美しい音色だったのが頭に染みついている。

Continue Reading...

25 Sep,2012

自転車

blog misc

買ったときは3x7=21段変速だった自転車が、7,8年前から2段変速になってしまっていた。市内の自転車屋4件で修理をお願いしたけど、どこに行っても打合せたように

店「しばらく乗ってないとだめになることよくあるんですよ」
僕「どっかの部品変えて直りませんか?」
店「ちょっと無理ですねー」

仕方ないので自分でシフトレバー&ブレーキレバーに各種ケーブルにタイヤ(ぼろぼろになってた)にチューブ(穴あ..

Continue Reading...

18 Aug,2011

和声

blog music

|||

フレーズをどう捉えてどう表現をつけるべきかを解説した本が無いものかと20年くらい前から探していたが、やっと見つけた一冊とその演習本。1883年に書かれた本の抜粋和訳。タイトルにある「リズム」はむしろ「フレーズ」に近い意味で使われていて、フレーズと表現の関係が実に細かく分析・解説されている。作曲法や和声の本は山のようにあるのに、こういうフレーズに関する本がほとんどなくて、ただ「歌いなさい」という安易な言葉で片付けられることが多いのはとても残念。

Continue Reading...