-->
10 May,2002

強化合宿2

blog music

今回の合宿では、ハイドンのCdurのコンチェルト(一楽章の最初の一ページほど)が課題だったのですが、 なんでもないはずのポジション移動のところで、 ちゃんと弾けるときと全然弾けないがあるのが、一体どうしてだろうと悩んでました。 で、自分は何を考えながら弾いてるかを観察(?)してみると、 弾けないときには指のことを考えてるのだけど、 _弾けてる時には曲を歌おうとして指のことは考えてない_ことにレッスン中にハッと気づきました。

はじめに音楽ありきという当たり前のことで、 理屈では正しく歌ってないと弾けないということもわかってるつもりなのだけど、 ちょっと不安があると指が気になってしまい、結局はずしてしまう。 うーん。 _技術以上に気持の訓練が必要_なようです。

Next Post Previous Post