-->
08 May,2002

強化合宿

blog music

連休には恒例(!?)チェロ強化合宿に行ってきました。 連日朝晩とレッスンがあると、細かい癖からきっちりと直してもらえて良いものです。

今回の合宿にはパリ音楽院で助教授をされてる上田晴子先生(Pf)がいらっしゃいました。 チェロ初級者の私はレッスンの機会はありませんでしたが、 聴講していても出てくる美しい音色に音楽に釘付けになって、ウィットに富んだそして的確な指摘の一言一言にため息して、 今は昔の歴史の教科書にでてきた _一言念仏を言うごとに仏像だかなんだかが口から出てきたとかいうなんとか上人_を見たような気分です。 受講生とのコンサートでのメンデルスゾーンのトリオ(e-moll)のピアノなぞ、 こんなに素晴らしい音楽を作ることができるんだと、終わってしばらく震えて口 も聞けずに涙がでてしまい、_ほとんどおかしなヒト状態_になってしまいました。 ふと横をみると、 きょうこ隊員もいっしょになって_ほとんどおかしなヒト状態_になってました。

ピアノもチェロも、お金と時間を浪費するばかりで一向に物になる気配もなく、 ぼくは何をしてるんだろうと思うこともしばしばですが、 こういうあふれるような感動を味わえることがあるのは、 きっと音楽をまがりなりにでも続けてきたおかげなのだと思うと、 ちょっと救われた気分がします。 それにしても、ある高みに上るということは、本当にすごいことです。

一方、自分の発表は今回も_それでもよかった_と声をかけてくださる方が何人かいました。 そう言ってもらえると、たとえお世辞であったとしてもうれしいものですし, 自分としてうまくいかなかった時ほど,その後の励みになる気がします. 人をさりげなくほめることができるってのはとても大切なことだとしみじみ感じ、 なんだかいろいろと感ずることの多い合宿でした。

Next Post Previous Post